今から仮想通貨の投資を始めるならまずは日本NO.1の取引所を使おう!

ネム(NEM/XEM)のカタパルトがやばすぎる件について

どもっふうかです🙌🏻

仮想通貨って種類が多くてどれに投資したらいいのか迷いますよね。。笑

わたしは始め、日本でも人気・知名度抜群なネム(NEM/XEM)に投資して勉強することに決めました!👍🏻

たくさんの専門用語におぼれながらネムの知識を吸収していく日々。その中でもっとも衝撃的だったのが…

カタパルト(Catapult)!!!

カタパルトの説明前にネムをさらっとまとめます。

ネム(NEM)とは

f:id:huuka_u_u:20170903084935p:plain

ネムは低コストな設計や安定性、セキュリティの高さを誇る仮想通貨です!

ネムはビットコインの悪いところを改良した次世代の “ビットコイン2.0+” という位置付けにあります。

もう少し詳しく説明するとこんな感じ↙︎

NEMは金銭的な自由、分散化、平等などに基づき『新しい経済圏の創出』を目標に始まった仮想通貨(暗号通貨)のプロジェクト。

仮想通貨の単位は「XEM(ゼム)」です。

ビットコインでいうマイニング (採掘)というものがなく新規発行はありません。ネットワーク貢献者への報酬はハーベスティング(収穫)という形で分配されています。

NEMは莫大な資金を使って採掘システムを構築するような一部の採掘者やグループに報酬が偏ってしまうことのないように設計された最初の暗号通貨になります。
参照:仮想通貨のネム(NEM)/ XEMとは?

日本の取引所コインチェックZaifでも取り扱われており、需要の多い通貨として有名ですね!

👇🏻もっとネムについて知りたい方へ👇🏻


変化の波が早い技術の最先端を行く仮想通貨市場。
ネムもアップデートを続け日々進歩し続けています。

その中でも大幅な機能向上が見込まれるアップデートが「カタパルト」です!

カタパルトって何?

f:id:huuka_u_u:20170903142835j:plain

カタパルトは「テックビューロ株式会社」とそこで専属で働く「ネムのコアデベロッパ」が共に開発した「mijinプラットフォーム」に修正や改良を加え、一から新しく開発されたプロジェクトです。
参照:NEMとMijinそしてCatapultの関係とは?

*コアデベロッパ
⇨プロジェクトのキーパーソンとなる開発者
*mijin(ミジン)プラットフォーム
⇨ブロックチェーン技術を”誰もが簡単に”利用できるように開発された汎用プラットフォーム

カタパルトを一言で言えば『mijinプラットフォームを改良したプロジェクト』であり、NEMを大きく前進させるアップデートでもあります!

そもそも「mijin」ってナニ?って感じですよね( ˉ ⌓ ˉ ๑)

 

mijinとは

f:id:huuka_u_u:20170903114001p:plain

mijinとはクーポンやポイントなどの台帳管理システムの基幹部分です。

mijinを利用することで、銀行口座・ゲーム内の通貨・クーポン券・企業内通貨などの台帳(金銭の記録)を安全かつ低コストで分散管理することができます。企業内の機密文書管理にも利用できるのが特徴です。
参照:http://bitcoin-note.net/?p=414

この動画が分かりやすかったです。迫力もすごいw


👇🏻もっとMijinについて知りたい方へ👇🏻


mijinを改良したプロジェクトが「カタパルト」であり、ネムのアップデートとして反映されることで大きな進歩が期待されています。

具体的にどう変わるのかっていう一例を紹介します!
#ココが一番重要w

カタパルトのどこが凄いの?

f:id:huuka_u_u:20170903103559j:plain
一番に注目されているのは処理能力の向上です!

実証実験の結果、毎秒4000件以上の処理能力を発揮できることが確認されました(๑´ڡ`๑)

(詳細なデータとして「平均3000件/秒、最高4142件/秒」という数字が出ています。 参照:秒間3000~4000取引の処理性能に到達したプライベートブロックチェーン)

世界一の処理能力を持つのがクレジットカードVISA。
VISAカードのシステムで「平均4000~6000件/秒」の処理能力なんですよね。

研究段階ですでに「平秒3000件/秒」の数字を叩き出したカタパルト、世界でも類を見ない圧倒的な処理速度!

他の仮想通貨と比べてみると

有名な仮想通貨の処理速度と比較してみました。

■ビットコイン(BTC)
7件/秒⇨14件/秒 *最新のSegwitアップデート後

■イーサリアム(ETH)
15件/秒

■リップル(XRP)
1500件/秒

あのXRPさえも凌駕してしまうのがカタパルトの処理速度(平秒3000件/秒)なのです。。

ビットコインが世界でたくさん取引されるようになった結果、あらゆる所で送金詰まりを引き起こし大きな問題になっています。

イーサリアムもICOと呼ばれる新しい資金調達法のプラットフォームとして機能した際に、膨大な送金をさばくことができずに価格も暴落しました…。

それらの問題を解消するのが「カタパルト」であり、ネムであるということですねヾ(⌒(ノ*•ω•*)ノ♡

いつ実装されるの?

まずはmijinに実装されるカタパルト。
今年2017年9月(遅くとも10月)には実装されると予想!

そして本命ネムへの実装は2018年になると思います。

8/24:テックビューロ社長の朝山さんのコメント↙︎

もうカタパルトの開発状況は最終調整の段階に入っているんだろうな〜って思えてなりません。笑

NEM財団の副代表であるジェフ氏のインタビュー↙︎

Catapultの開発に遅れが出ている理由は、Catapultには他のブロックチェーンが備えていない技術が多く含まれているからなのです。

私は光栄なことにCatapultをテストする立場を預かりましたが、Catapult開発のこれまでの進捗状況に関しては非常に満足しています。私たちはCatapultにこれまで存在しなかった機能を多く導入しようと考えています。
参照:無限に握力アップ?NEM財団の副代表ジェフ・マクドナルド氏へのインタビュー 

期待大ですね✌🏻(‘ω’✌🏻 )三✌🏻(‘ω’)✌🏻三(✌🏻’ω’)✌🏻

カタパルトのリリースが仮想通貨ネムの価格にも大きな影響を及ぼすことは間違い無い!

続報を楽しみに待ちたいと思います〜
ばいちゃ! ꒰⌯・ω・⌯꒱/